★JAOTより署名活動ご協力のお願いが届いております。

以下よりご参照ください。


日本作業療法士協会

会員の皆様

(本メールは協会にメールアドレスを登録されている方全員にお送りしています)

 

平素より大変お世話になっております。

 

リハビリテーション専門職団体協議会(日本作業療法士協会、日本理学療法士協会、日本言語聴覚士協会)は、社保審‐介護給付費分科会で議論されている「訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設」について、11月17日付けで声明文を発出しております。

 

◆声明文

https://www.jaot.or.jp/files/news/20201117seimeibun.pdf

 

そこで、国民のニーズに応じられる柔軟な制度改正を行うことを求めるための署名活動を行い、厚生労働大臣をはじめとした関係各所に国民の声を届けたいと考えております。

 

つきましては、協会ホームページで内容をご確認いただき、サービスを受けているご利用者様やご家族様、医師やケアマネジャー等の医療・介護

関係者の皆様に今回の趣旨をご説明の上、署名活動にご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

◆協会ホームページ

訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設に関する緊急署名活動を実施のお願い

https://www.jaot.or.jp/member/from_assoc/detail/350/

 

【期 日】

第1次締切り 11月30日(月)

第2次締切り 12月6日(日)

※第2次は予備締切のため出来る限り11月30日までのご提出にご協力のほどよろしくお願い致します

 

【インターネット署名】

医療専門職、一般国民の皆様のお声はインターネット署名のみで募ります。

総署名数の発表に際しては、インターネット署名と、署名用紙署名の両方を合算します。

 

入力フォーム:https://questant.jp/q/shomei

 

 

一般社団法人 日本作業療法士協会

会 長 中村 春基